So-net無料ブログ作成
検索選択

常念岳に登ってきたのだ その2 [トレイル]

慎重にかつ確実に登り始める一向。

044.JPG

登山道も狭くて所々崩れてる箇所もあるので、何度も気を付けろ!と声をかけつつ進みます。

沢を渡ると

047.JPG

048.JPG

ラスト1km!

 049.JPG

しかしここからが長かった。高度もそこそこある上、グイグイ登るので息がすぐに上がります。

地図を見るとここから3か所もベンチがあると書いてあるんですけど、ここに来るまでは3箇所もベンチ要らんでしょ。って思ってたんですが...

050.JPG

山頂付近が見えるだけでちっとも着かないw

 051.JPG

みんなベンチが見える度に『え~まだ!?』

053.JPG

森林限界ももうすぐ!

054.JPG

え~まだ300m!!!!????

056.JPG

ほらほら、もうすぐ!

057.JPG

長男は腰が痛いと愚痴をこぼし始める。

059.JPG

常念小屋に到着~

残念ながら、槍ヶ岳、穂高方面は雲が多くて見えませんでした。

061.JPG

コースタイムよりちょっと早い4時間10分くらいで到着。ここから山頂まではコースタイムで1時間だったんですけど、疲労っぷりからとりあえず山頂は昼飯食べてから考える事にしました。

062.JPG

063.JPG

肉はやっぱり国産が美味いね(゚Д゚ )ウマー

焼くと美味そうだなぁとアスパラも焼いてみたら絶品でした(・∀・)

この他にウインナー、カップラーメン、お湯を入れるとできるシソご飯、フルーツ缶詰、食べきれませんでしたw

ダラダラしてたら、昼ご飯に1時間半も使ってしまって、山頂に行くか微妙な感じ。長男がさっきから腰が痛いとペースが落ちてたのが気になってたんですが、山頂に行くか聞いてみると全員行く!と元気そう。

ちょっと悩みつつも、ここまでコースタイムより早くきてたので、山頂アタック開始!

すると、腰が痛いと言ってた長男が先頭を切ってガシガシ登る。ちょっと遅れて先頭を奪われて怒り気味の次男w

今回の一の沢ルートは初めてだったんですが、2年前にのべさんのマイコースで三俣ルート経由でここら辺のキツさは分かってるつもりでした。すぐ上に見えてるピークは偽ピークっていう事も知ってるw

まぁ1時間で山頂だなと安心してたのも束の間、50分経っても三俣ルートとの分岐にも着かない。みるみるうちに疲弊する子供たち。明るいうちに下山するには撤退か?と思ってたら子供たちを必死に応援する弟君w

イヤイヤ弟君。無理に登頂しても大事なのは怪我なく明るいうちに下山する事だからwww

しかし初めて北アルプスの絶景を見た弟君は目をキラキラさせて、子供たちを元気づけますw

066.JPG

偽ピークを越えて、三俣ルートの分岐も越えて振り返ると、横通岳

足取りが一歩一歩重くなりながら小屋から1時間30分後

069.JPG

常念岳登頂━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

068.JPG

以前登った蝶ヶ岳の小屋も見えて子供たちは大満足。

しかし時刻は12時40分。私は嫌~な気がしてました。ここまでは先月の子供たちの燕岳の登り下りを見てて安心してたんですが、この山頂に来るまでのペースがヤバい感じ。腰がそんなにヤバイのか今まで愚痴はこぼしても泣く事のなかった長男が今にも泣きそうなヘタレっぷり。

ヤバイ。どのくらいヤバイかというとこれ以降写真を撮るのを忘れるくらいwもう必死に声をかける事しかできないwww

幸い弟君、次男坊は大丈夫そうなので、私か弟君のどっちかが長男と一緒に小屋に宿泊か?なんて思いつつ下山。

案の定、一歩歩く毎にヘタレこむ長男。一か八かで腰にテーピング張ってみる?と聞くとうなずく長男。

するとどうでしょう。ありったけのテーピングを背中に貼ったら治ったー!と歩き始めました(爆)

そんなワケねーと思いつつも復活した事に一安心しましたw

その時ふと周りを見ると...

073.JPG

ほんの一時、槍が顔を出してくれました(・∀・)

いつかあそこに行こうぜ!って行ったら、速攻で嫌だ!と返されましたが、父ちゃんは信じてるよwww

そんなこんなで小屋⇔山頂を3時間(予定では2時間)もかかりましたが、再び常念小屋へ帰ってきました。

小屋でトイレを済ませて出発すると時刻は午後2時。コースタイムを見ると3時間半と書いてあるので、まぁなんとか明るいうちに行けそう。じっくり時間を使って慎重に下山して温泉でゆっくりするぞ~と下山開始。

で、下山は登った時よりも、滑落注意のところは慎重にね!と話をしてたその瞬間。私のすぐ前を歩いていた長男が滑落。

心臓が飛び出るかと思った。というか呼吸ができなかった。

すぐ下を見ると、不幸中の幸いな事にそこは草木が生えてて、腕で必死に落ちないようにしている長男が

もう必死で何したか何を叫んでたか覚えてませんが、腕をガッと抱えて拾い上げました。

まぁさらに幸いな事に私が引っ張らなくても、すぐ下は登山道だったので怪我もする事もなかったんですけど。さらに何故か私はこの時に軽くグネっとやってたみたいで、翌日足首が腫れておりましたorz

でも、これが草木が全くない所だったら...と思うと今でもゾっとします。みなさんも子供と登る時は気をつけましょう。マジで。

そんな事があったので、私と弟君は超緊張しながら、ビクビクして下山するのでしたw

075.JPG

何はともあれ無事に下山!あ、私グネッてたから無事じゃないわwww

来年は小屋に泊まって大天井に縦走だーーー!


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 2

季節外れ

そんなに効くなら北岳でテーピングしてもらえば良かったw
脱水にも効きますかね?

足首大丈夫ですか?
明日はゆっくり降りて来ましょう
by 季節外れ (2015-08-22 06:04) 

リンガンガー

季節外れさんへ

北岳の時はテーピング持ってませんでしたよ(笑)

足首は昨日腫れがひいて、歩く分には何ともなくなりました。

劔岳よろしくお願いしますー!
by リンガンガー (2015-08-22 17:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: